芥川龍之介の「河童」

 中学生くらいの時だったか、芥川の「河童」を読んで、それからの人生を思って溜息をついたのを、ふと思い出した。

 現在の家人の善良さを再確認。もう少し大事にしてやろう。