銀塩のこと

 卒業してから、撮らなくなってしまったのは、時間がなくなった事もあるが、暗室環境がなくなってしまった事が大きい。

 一時コンパクトカメラを買った事もあるが、フイルムを2~3本撮って、クルマのグローブボックスに入れておいたら、車上荒らしに遭ってしまった。その後も、海外旅行に行った時、成田に行く途中で、コンパクトカメラを買ったが、これも旅行から帰ってきてからは、触らなかった。

 E950入手以降、何故か85mm F1.4を中野のフジヤで見て、どうしても欲しくなってしまいレンズだけ買って、しばらく眺めていた。レンズだけでは仕方がないので、ニコンのFAか何かを中古で買い、一度だけ葛西海浜公園まで出かけて撮ってみたが、モルトが切れていて、光が入ってしまっていた。修理するのが面倒でそのままになっている。

 結局、卒業後入手した銀塩カメラでは、一台につき平均100枚以下しか撮っていない。

 フイルム一本で36枚しか撮れないし、すぐに見れない。一本撮り終わらないと、DPEに出せない。DPEに出すのも取りにいくのも面倒。コストも結構かかるし、その割に、出力は納得できない。ポジは、フィルターワークが伴うし、そもそもコンパクトカメラではフィルターが使えない。やはり、フイルムはいろんな意味で面倒。フイルムにはフイルムのメリットはあるのだが、カラーネガでDPEに出してデジタルプリントのL版で出力を得るという運用では、そのメリットも生きてこない。

 機械としてのカメラには物欲を刺激するものがあるが、それはノスタルジーでしかない。気軽に持ち出して、バシャバシャ撮れなければ、意味がない。

 デジカメは、E950以来ニコンしか使っていない。ニコンへのこだわりは、銀塩時代のカメラへのオマージュが少なからずある。

桜を撮ったのだけれど

 薄いピンクの色が再現できず、花びらが白く写ってしまっている。

 ホワイトバランスはオートでJpegで撮って出しにしていたのがまずかった。

f:id:muh:20170407170724j:plain

上は、jpeg撮って出し。

f:id:muh:20170407170741j:plain

上は同じ場所で、RAWで撮り、事後にホワイトバランスを晴天日陰に、ADLをオンにして出力した一枚。

高価なカメラを買わなくて良かった

 ここのところ、ほとんど撮っていない。

 

 でも、自分で撮った画像は、もっと鼻につくかと思っていたのだが、意外に嫌いではない。撮る事に大きな意味を求めるべきではないとは思うが、撮り続けようとは思う

モノについて

 使っていないモノは、使えるようにして、使う。

 モノは、なるべく増やしたくない。モノが増えると、面倒臭いだけ。今持っているモノを有効に使う事を優先する。

 ミニマリストなる気はさらさらないが、今は使わないモノを将来の為に入手しても仕方がないし、昔揃えたモノを使って、どうしても使えないのなら捨てるしかない。

 

 例えば衣類。

 日常的に着るモノを優先する。よそいきを買って大事にしていても、いざ着る段になった時、古くなっていては意味がない。

 

 例えば、PC関連。

 数少ない自身のアドバンテージ。5年に一回程度なら、新機種を買うのは、仕方がない事かもしれない。

 昔ほど高価なものではない。廃棄する時がちょっと厄介。中途半端なシステムを組むと無駄になるだけ、手を出すなら現状で完結したシステムでなければならない。

 

 例えば、デジカメ。

 今使っているP7800は、十分な性能で、可搬性と考慮すると、これ以上の機材はない。ただ、日常的に使っていれば、いつかは壊れる。急に壊れた時の為のバックアップは必要だが、バックアップの為に今から、新しいデジカメを考える必要はない。E950、E5000、L610、ST15Eがある。十分だ。

 デジイチも欲しいと思うが、今のところ、どうしてもデジイチを使わなければならない理由があるわけではない。

 

 例えば、自転車。

 ロードバイクの壊れたホイールを修理する。その前に、自転車を楽しめるところまで、体力を回復させる事。

 

 例えば、書籍。

 読むだけなら、図書館でいい。今持っている本さえ、全て読み返す事は不可能だ。

 

 今の生活に足らないモノがあれば、それを新たに入手する事はやぶさかではない。

 ただ、それを手に入れた事で、具体的に得られるものが明確にイメージできない限り、手を出すべきではない。

 使いこなしが必要なものについても、使いこなす覚悟がない限り、手を出すべきではない。

自転車の乗り方

 1年振りくらいで、自転車に乗ったので、乗り方を忘れてしまっている。思い出しながら、まとめておく。

  • 自転車に乗る為には、乗る為の身体が出来上がっている必要がある。身体を作る為には、自転車に乗る必要がある。
  • トレーニングは少しずつ、しんどくなる前にやめる。身体に良い記憶を残す。
  • 頑張らない。漕ぎ続ければ、いつかは目的地に到着する。
  • 足を開かない。ペダルは足の親指の付け根付近で踏む。
  • 腕をつっぱらない。腕肩ではなく、体幹で身体を支える。
  • 力まかせにペダルを漕がない。トルクより回転、踏み足より引き足を意識する。
  • 踏み足は真上から踏み降ろすのではなく、軽いつま先立ちを意識して、後に蹴りだす要領、蹴り出しから引き上げ迄を意識し、踏み降ろしは自重に任せる。
  • 無理なポジションをとらない。格好だけで、サドルを上げてもロクな事はない。
  • 最低週2回は乗る事を心がける。

 ミニベロに関しては、こんなもんか。ダンシングとか体重移動とかはミニベロでは考えるべきではない。尻の痛みに関しては、乗り慣れるしかない。以前は快適だったのだから、いつかは慣れる。慣れない事にはロードバイクにも乗れない。

 結局、落ちてしまった自転車用の筋力を回復させなければ、以前のようには乗れない。3ヶ月くらいをメドにする。

 2週間毎に駒沢公園を往復して、進展を確認する。前回行ったの4/27で、帰路は押して歩く事が多く、余裕がなかった。次は5/11という事になる。2~3週周回して、帰着時、余裕があれば、一応以前の状態まで復帰したと考えてよい。

bloggerから引越し?

 GoogleBloggerを使って、散歩のブログをつけていたのだが、画像が表示できない不具合が発生している。けっこう熱心に更新しているので、安定して使えないのは困る。Hatenaには、ほぼ休眠状態のダイアリーも持っているので、こちらでバックアップもどきを作ってみる。

 ただ、ちょっと勝手が違うような。遂にデジタルデバイドの弱者側に成り果ててしまったか。

  調べてみると、ダイアリーとブログは別物で、それともダイアリーの進化版がブログらしい。引越しもできるらしいが、余計に混乱しそうなので、以前のダイアリーは許される限り、そのままにしておく。

 時系列でSDからピックアップしていこうと思ったが、画像アップロードに限っては、Bloggerに較べると、イマイチかもしれない。

 理由は、Hatenaの場合、アップロードする際に画像をプレビューできない為、下準備が必要になってしまう点。アップロードの時間もBloggerの方が速い。画像の扱いに関しては、Bloggerの方がお手軽だ。但し、テキストの編集はHatenaの方がしっくりくる。

  そんなこんなで、全てを再現して引っ越すのは大変なので、Bloggerの方はなんとか修復して、こちらHatenaは抄録とする。

 まずは試しに12月に買ったCoolpix7800の試し撮りしたものから、自分にとって印象深いものだけをピックアップしてアップロードしておく。問題は、殆どいい加減に撮っているので、厳選し過ぎるとピックアップするべき画像がなくなる事。

 

下北沢

f:id:muh:20151215124047j:plain

近隣

f:id:muh:20151216133139j:plain

f:id:muh:20151216140948j:plain

f:id:muh:20151216155127j:plain

彩湖

f:id:muh:20151217114046j:plain

f:id:muh:20151217114708j:plain

f:id:muh:20151217123117j:plain

近隣

f:id:muh:20151218135321j:plain

  時系列に気に入っていた画像をピックアップして並べただけでは、あまり面白くない。テーマ別にまとめた方がいいのか。

 Bloggerの方は、散歩に特化させて、こちらの方は普通の日記としてダラダラ書き散かして、適当に過去の画像を紛れ込ますべきか。